いやけがさしてきた

人生に嫌気がさしてきた。

「研究」が楽しみで、ワクワクしながら入った大学院。

自分がやりたいテーマは、指導教員に片っ端から否定され、押し付けられたテーマで修士論文を書くことになった。

他の教授から褒められても、指導教員に気に入られなければ、意味がないんだ。

ばかみたいだ、と思った。

やりたくもない、興味もないテーマ。

簡単に着地で来てしまいそうな、ただ、調査は自分の肌に会っていない分、ストレスでしかないような、そんなテーマ。

教授は私を修了させることしか関心がない。

中退されたり、留年されたら迷惑だから、駄作でいいからとっとと正規のルートで出て行け、とそういうわけだ。研究なんてさせてもらえない。

お仕着せのテーマを唯々諾々と、こなすしか、私のような無能な人間には選択肢はない。

なんのために大学院に来たのか、分からなくなってしまった。見下されるために来たわけじゃないのに。

楽しくない。ただひたすら、しんどい。楽になりたい。

中退してしまいたいけど、それは親に申し訳ない。

だから、この納得いかないテーマでやるしかない。

しかも、就職先も決まらない。

きっと教授の目には、修士論文も就活もマトモにできないバカとしてうつっているんだろう。

ああ、なにもかもいやになってしまった。

つまらないつまらないつまらない!