読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがばかり読んでいる

読書 雑記

kindleのアプリをダウンロードして以来、マンガをかなりのハイペースで読んでいる気がする。

 ちなみに支払方法はAmazonギフトカードです。

 原作は読了済み。皆大好き、江神先輩。「月光ゲーム」のコミックス版は、サークルで借りて読みました。ゆくゆく、購入したいです。

青春ミステリの金字塔。サークル内で「旅行中に事件に巻き込まれるとしたら」みたいな話をたまにするけど、実際に遭遇したら絶対トラウマになるよね。

でも、でも、EMCに入りたいなあ。アリスになりたいです。学生アリスシリーズは、「こういうのが欲しかったんだよ!」の塊って感じがする。数年前、ASKAさんの件でめちゃくちゃショックを受けたとき、なんだか、好きだったものがゴソーッと崩れて、どこかに消え去ってしまった気がして、この心の穴をなにかに埋めて欲しい、心がスカスカして気持ち悪いと思っていた時に「女王国の城」を一気読みして、ちょっと、気持ちが楽になった。

 

女王国の城 (創元クライム・クラブ)

女王国の城 (創元クライム・クラブ)

 

 マンガの話してるのに、小説を貼りつける。エンターテインメント・ミステリだよ。特大の心の栄養。

絡新婦の理(1) (講談社コミックス)

絡新婦の理(1) (講談社コミックス)

 

 

 

絡新婦の理(2) (講談社コミックス)

絡新婦の理(2) (講談社コミックス)

 

 

 

 こちらは原作を読まずにコミックス版を読んだ。いっけん関係のない事件が、話が進むにつれて、絡み合ってほぐれなくなり、1つの真実へと突き進んでいく話、好きだなあ。

 

百器徒然袋 面霊気  薔薇十字探偵の疑惑 (怪COMIC)

百器徒然袋 面霊気 薔薇十字探偵の疑惑 (怪COMIC)

 

 

 

 

 

百器徒然袋 鳴釜   薔薇十字探偵の憂鬱   (怪COMIC)

百器徒然袋 鳴釜   薔薇十字探偵の憂鬱   (怪COMIC)

 

 

 

百器徒然袋 山颪    薔薇十字探偵の憤慨 (怪COMIC)
 

 

 

 

 

 榎木津が主人公。う~ん、濃い、濃いぞ……最初の話の依頼人が、その気はなかったのに主人公に振り回され、その後の話にも絡んでいく(仲間になって行く)この流れ、好み……。原作はやはり未読なので、読みます……いずれ……。最近、小説を読むスピードが落ちていていけない。

 

 かえってきたさくらちゃん!さくらちゃんたちが中学生で、おにいちゃん&ゆきとさんが大学生……!さくらちゃんのみならず、おにいちゃんとゆきとさんの年齢まで越えてしまった……。劇場版リバイバル観に行きました。クリアファイル、下敷き、キーホルダーを購入。子どものとき欲しかったものを買えた。嬉しいけど、これ、小学生のときに使えていたらなあ、なんて思ったり……。

ところで、ともよちゃんって小学生なのに、あんなにお裁縫が上手ってすごすぎじゃないですか。カードキャプターさくらって、衣装が毎回変わって素敵なのだけど、それらの衣装が呪文を唱えれば変身できるんじゃなくて、ともよちゃんが採寸していちから作っているって言うのが、もう、魅力的と言うか、ともよちゃんの存在の大きさを感じる……。

 

 前々から気になっていたやつ。ゆるゆるとしていて、面白かった……(笑)

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 

 

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

 言語化が難しい……。

私の親はいわゆる「毒親」じゃないと思う。けど、じゃあ、息苦しさ0かっていうと、そんなんでもなくて……。

でも、大学院に進学させてくれる親は「毒親」じゃない。むしろ、優しい。もちろん、1回生の頃から「行け行け」だったわけじゃなくて、公務員試験に失敗して(1つ合格はしたんだけど諸事情により辞退……)企業へ流れようとした私を見かねて、みたいな感じだった……。

大学・大学院に行かせてもらえるなんて、20歳越えても実家においてもらえるなんて(院進学後も実家にいる予定)、贅沢だし、文句をいえる立場になんてない。

でも、でも。

大学の学部を決めたのは母。企業を受けようとした私を止めたのも、母(確かに企業勤めは向いてないとは思ったけど……!)。

母のきげんをとりたくて、母の喜びそうな「将来の夢」を語ったりした。父が怖くて、機嫌をとるために「勉強を教えてください」とお願いして、理解できていなくても「なるほど」みたいな顔したりもした。(だって、怒鳴るし、階段から突き落とされるんだもん)(父は勉強を教えるのは好きらしかった。けど「わからない」と言うと怒るので、わかったふりをする必要があった)

趣味で小説を書いたら、母にビリビリに破り捨てられた。(それでも書いてる私は、我ながら頑固だ)

あの頃は人間関係がうまくいってなくて、身体も弱っていてしんどくて、小説を書くことが楽しみだったのに。勉強の面では弟と比べられ、「あの子はあんなにできるのに、アンタときたら……」みたいなこと言われ続けて、私って本当にいいところないなって落ち込んで、でも、自殺するだけの度胸がなくて、無理やり生きてて。

そんな中、小説を書いて、このミステリは案外、面白いんじゃないかと、自画自賛していたら、「こんなくだらないもの書いて!」って、破り捨てられた。

中学生は勉強だって。まあね、私、バカだったから、勉強、もっと頑張る必要あったけど、でもさ。

……とどのつまり、私って何なんですかね。

わからない。

あのね、とても見苦しいことを書きますけど、テレビで「両親の応援を受けながら、夢に向かって頑張ります」みたいな人を見ると、基本、嫉妬してる。二世タレントとかもね、もういいよ、いっちゃうけど、大嫌いなんだよ!(あー!性格悪ッ)

「あ、この人って、自分の夢を両親に理解してもらえてるだけじゃなくて、親のネームバリュー使って、より効率的に夢かなえてるんだな」って、思ってしまう。

こんなくだらない嫉妬しても仕方がないとはわかっているけど、でも、今の私はしてしまう。

「○○さんの子どもなのか!応援しよう!」みたいな人をみると「ほら!ほら!人生イージーモード!!!」って思ったりする。

もう、「僕の親は良い親でした!」みたいな文章見るだけで、そんな風に大きな声でいえない私って何なの、ってしんどくなる。

世間から見れば、悪いのは私だってわかってる、理解できてる、親不孝者って屑人間扱いされるのも分かってるから、余計にしんどい。

……ハァ。

ついでに「親子夢の共演」とかも嫌い。私、さっさとこの世から消えた方が良い気がしてきた。そもそも、存在したくなかった……。

……

……さて。さびしすぎて~と交換日記の感想。

お母さんにベタベタして甘えたいという描写が、よく出て来る。実際、よく抱き着いているらしい。

私自身は両親にベタベタとスキンシップを求めたりはしない。物心ついたときから、両親にはあまり触れられてこなかった気がする。せいぜい、背中に塗り薬を塗ってもらうときくらいかな……。

抱きしめられたことなんて、記憶の限りでは1度もない。

永田さんのこの漫画を読んでふと、抱きしめられたい、と思ってしまった。

頑張ったよ。これからも頑張るから、誰か、抱きしめて……と思ってしまった。

ことしで23歳になるのに、私、こんなので大丈夫なのかな。

 

というわけで、最近読んだマンガでした。あと、うぶめと狂骨と孤島パズルの残りを読みたい。