読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またも不安

大丈夫だとは思うのだけど(思いたいのだけど)今になって、卒業に必要な単位が揃っているか不安になって来た……こういうときに限って、成績表確認できないのよね……システムのリニューアルって、なによ……

あー、足りていますように、と願うばかりである……

エゴグラム

雑記

エゴグラムなるものの診断を受けた結果が、これ。

f:id:Ashiroki:20170305005015j:plain

私はここで言う「軟派文学者」になりたいわけだけど、実際のところどうなのだろう。

努力あるのみ。

苦手な食べ物

雑記 読書

苦手な食べ物ってありますか。

と、今日、人からメールが来た。それがメールの主旨ではなかったけれど、その文章を見てオヤ、と思った。

なかなか思いつかないのだ、苦手な食べ物って。

目の前にして「食べなさい」と言われたら、これは嫌だ、これは好きじゃないというものが確かにあったはずなのに、覚えていない。

かわりに、好きな食べ物はポンポンと思いつく。どら焼き、メロンパン、パスタ、ラーメン、チョコレート……どうしてだろう。

ふとした疑問。

 

今日は大学院の合否発表。結果は無事合格。ああ、よかった。

4月から好きな勉強が出来る、というのはもちろんのこと、4月からも所属する場所・通う場所がちゃんとあるというのは、私に安心感を与えてくれた。

私は、私が思っている以上に臆病で小心者らしい。ちょっと情けない。

とにかく、合格できた以上、勉強頑張らなくちゃ。今からウキウキしている。2年間、無駄なく過ごさないとな。

格通知とともにChageさんのファンミチケットもきた。ナイスタイミングである。明日、開封しよう(*´ω`*)

 

以下、記録。マンガばかり。

 

 大衆演劇の舞台裏を描いた作品。「大衆演劇」自体を良く知らない私には、とても新鮮な世界だった。これは、ミステリに使えないかしら、と思ったり。

 

 こちらは東急ハンズの舞台裏を描いた作品。こういうの読むと、行きたくなるよね。明日はロフトに行きたいと思ってるけど……。また、ハンズにも行ってみよう。

 

40代女性マンガ家が訪問介護ヘルパーになったら

40代女性マンガ家が訪問介護ヘルパーになったら

 

 可愛らしい絵柄でホノボノと描かれているけど、シビアな世界の一面を見せられた気分。この方のマンガ(ノンフィクションではなくフィクション)も読んでみたいなあ。

 

 小学生の頃に図書室で良く読んでいた「○○のひみつ」シリーズを思い出す。とにかくアクティブに動いていてスゴイ。お菓子作りのために海外に飛ぶなんてするか、普通……熱意が半端じゃなかった。コンビニで売ってる食べ物ってあまり好きじゃないんだけど、今度、コンビニスイーツ買ってみようかな……。

 

 思っていた以上にハードだ……。最近、美術館に行っていない。気になる展示があったら行ってみよう。

自分のやりたいこと

CHAGEandASKA 雑記

ASKAさんのブログを久しぶりに読む。お誕生日!!

ASKAさんが2月でChageさんが1月……このお2人のお誕生日は私の中で勝手に「特別な日」となっている。

ついでにChageさんのお誕生日は、かのシャーロック・ホームズの誕生日(推定)ともいわれている……Chageさん好きでホームズオタクの私には、もはや祝日ですよ。

ていうか、ASKAさんの今日のブログ、なんなの。可愛くないですか、ちょっと気が動転してるんですけど、「59歳児」って言葉が頭に浮かんだよ。はぁ??可愛すぎじゃない???そんなことしなくてもいいのに……頑張ってキーボードかたかたしてたんかな……は?????

可愛すぎでは???????

今、ASKAさん可愛い期に入ってる。これをずっと持続できるとまあ幸せなのですが。

 

Too many people

Too many people

 

 べりべりぐっど。

 

今日、「自分のやりたいこと」を自分の中ではっきりと断言できたので、ここに記しておきます。

やっぱり小説が書きたい。

小説家になりたい。

小説のアイディアを練ったり、執筆したり、あるいは小説のための調べ物をしているときがやっぱり一番楽しい。

院がだめだったら、1年間、とりあえずバイトでもしながら、小説を書こうと思っている。頑張りたい、22歳。努力はしなくちゃ報われないもの。(でも、院、合格していてくれ~!)

あと、勤め人は向いていないだろうなあ、というのも薄らボンヤリと思ってる。母には断言されてしまいましたが……ハハハ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

がーんばろ。

 

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集

 

 本日購入、即読了。バイトが休みだったから、じっくり読めましたよ。一番好きなのは「洗礼」かな。綾辻先生のミステリに対する「決意」というか、「覚悟」を感じることができる。最後のシーンで「ああ」とため息をついてしまいそうになる。綾辻先生の作品は、とにかく終わり方がうまいのだ。ジン、と余韻を残すような、優しい終わり方が好き。

 

狩人の悪夢

狩人の悪夢

 

これも合わせて、最高!狩人の悪夢は読書会がしたくてたまらない……。サークルの同期、誘ったらのってくれないかな~。

 

 

 

 お仕事コミックエッセー。面白おかしく描かれてるんだけど、私だったらできないだろうなあ、ということばかり。なんというんだろう、私は同じ失敗を何度も繰り返すし、いろいろな仕事内容を頭の中に全部入れておく、というのが出来ないのだ。1つ覚えたら1つ忘れていく……その他、様々な理由もあり、社会人は向いていないんじゃないか、と思う。

電話でつながる

雑記

また、ぬいぐるみに八つ当たりしてしまった……。
反省。
不安になって、精神的に追いつめられるとモノに当たるクセ、はやく直さないと
いけない。

~~~*~~~*~~~

もう、だいぶ前のことだけど、妹と2人で出かけたことがある。
妹は高校1年生。でも、私が高校1年生だった頃とは、いくぶん違うような気がす
る。
違う個体だから、当たり前かもしれないけど。
妹はスマートフォンを持っている。今時、珍しくもなんともないだろう。
朝からずっとイヤフォンをつけていた。私は音楽でも聴いているのだろうと、気
にもとめなかった。
けど、違った。
「え?」
それまで黙りこくっていた妹が、唐突に声を出すものだから、私は驚いてそちら
を振りかえる。彼女は、私を見てはいなかった。
私の視線に気づいたのだろう、妹は、ああ、とイヤフォンを片方外して、
「電話」と言った。
友だちと電話をしていたのだという。それも、朝からずっと。
「ずっと、繋いでるだけ」
と妹は言った。私の見ている限り、彼女たちは朝から会話らしい会話なんて、し
ていなかった。
ただ、本当に「電話を繋いでいた」だけ。
電話といえば私にとっては「連絡手段」である。必要なときにかけて、必要なこ
とを伝えて、じゃあ、と切る。リアルタイムにやり取りをするための手段だと考
えていた。
でも、彼女たちにとっては、「繋がる」手段だったのだ。
見えない電話線で、彼女たちは繋がっている。
特別やりとりをするわけでもなく、ただ、見えない糸の端と端を持って、たがい
に立っている。
こんな糸もこの世にはあるのだ。

 

おえかき

雑記 CHAGEandASKA

勉強の息抜きに?絵を描いたりなんかしている。

ASKAさんの似顔絵に挑戦したら、圧倒的無個性キャラが誕生してしまった。美男美女は似顔絵にしにくいっていうし、仕方ないよね。

いや、自分の画力不足なのは承知のうえなのだけど。

ASKAさんって、特徴的なのは鼻と口じゃないのかな、と思う。ちょっとペンギンのぬいぐるみっぽい口元。

私は絵を描くとき、つい鼻を省略しちゃうので、その特徴を出せないんだよね……一番の原因は画力不足だけど。

ところで今日は本の発売日でしたね。

手にいれていないし、暫く読む予定はない……ダメな私……

私にとっての発売日は22日‼アルバム、楽しみ!

 

明後日の院試験に向けて勉強しているけど、図書館学、まだまだ知らないことだらけで、だから興味深い。

研究計画書で書いたこと以外のことも学びたいし知りたいし、考えたい。

意外と勉強、好きなんだな、私は。

精神の栄養バランス

雑記 読書

flowers.shogakukan.co.jp

ポーの一族」続編第2話が載っているぜ!!ということで、早速購入。アランくんが好きです!最初、典型的ないけすかない奴だったのに、どんどんエドガー大好き剽軽ボーイになってるよね。病弱なヒロインかな。

「白雪姫ごっこ」をするアランくんとかやばかったですね。心が満たされすぎて、栄養があふれて、栄養で窒息して死ぬとこだった(なんのこっちゃ)。

「連続掲載スタート」ってことは、来月から毎号掲載されるってこと?ありがたや……。

そういえば、このあいだ、カードキャプターさくらのリバイバルを見に行ったんですけど、あれも良かった。クリアカード編、2巻も楽しみ(なかよしを買うのは、ちょっとばかり抵抗がある。この年齢で買っても良いのかな……って(^▽^;)なので、単行本で追うのだ)

ああ、それから。有栖川有栖先生の「狩人の悪夢」ようやく読み終えた。

 

狩人の悪夢

狩人の悪夢

 

 ああ、これぞ、ミステリ。「アブソルートリー」はお馴染(?)の火村先生の台詞ですけど、このたび、新しいセリフが登場しましたね。

「アブソルートリー・ノット」

「断じてない」のルビとして登場。うわー、これはミステリ好き人間の間で流行りそう……(笑)

と、心の栄養をたっぷりと摂取していて気づいた。私は私が思っている以上に、好きなものが多いんだな、と。

ただ、ここ数年、「好きなもの」の一つがぐだぐだ(?)で、どうなっちゃうの?このまま、嫌な方向へ転がっちゃうの、と不安になって、そればかりが気になって、精神的にぐらぐらになってた。

けど、心の支えは、それだけじゃないし、精神の栄養となってくれるものが多いのは、良いことだなあ。

また、なにがいいたいのか、よくわからなくなってしまった……。

 

ところで今日、こんなマンガを見つけた。

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

発達障害と診断された作者さんによる、実録マンガ、なのですが。

読んでいて、心当たりがあったりなかったり。

心当たりがあるのは、

・短期記憶が苦手(5秒前に聴いたことを、速攻で忘れたりする)

 バイト先でなら、

 社員さん「この封筒に宛先を書いておいて欲しいんだけど、郵便番号はこれで、住所はこれ。相手さんの名前はこれで、封筒の下の方に僕の名前を書いておいて。で、書き終わったら、あそこの箱に入れておいてね」

 私「わかりました~」

 (社員さん、立ち去る)

 私(……なに書くんだっけ……箱に入れることしか覚えてない……)

 みたいな感じ。1つ目の情報を聞いた後、すぐに2つ目のことを聞くと1つ目の用件を忘れる、みたいな感じ。酷いときには、1つしか用件聞いてないのに、その内容すら忘れる。なぜだ。

 あと、どうでもいいことは覚えている、というのも割と当てはまる。ホームズの豆知識とか覚えていて何になるんだよって話でして。

 忘れっぽいのでメモを持ち歩こう!と思うんだけど、メモを持ち歩くことすら忘れる。

 

・人の話を聞いていると、ふと意識が抜け、気がつくと違う話題になっている。

 わかる。ずっと集中していられない……悪気はないんだって!脳みそが勝手に……。

 

・2つの仕事を任されると、1つ目が終わったころには2つ目の仕事の存在を忘れている。

 たまにある。

 

・電話で聴きながらメモを取ることが出来ない。

 この作者さんは、メモが汚くなってしまうらしいのだけど、私も同じ。カタカナ・ひらがなばかりの落書きみたいになる(電話を切った瞬間、清書を始めないと大変なことになる)

 

・情報量が多いとうまくさばけない。

「毎日が一年生四月」という言葉、共感。何度も同じミスをしてしまう。

 毎日、自己嫌悪。

 

・雑音の中での会話が困難。

「カクテル効果」がうまくいっていないらしいですね。周りが賑やかだったり、他に大きな音が鳴っていたりすると、とたんに会話できなくなる。

 

他にも当てはまることがいくつかあった……。やっぱり一度、病院にいってみるべきかな……。でも、家族の目が怖いし、一人暮らしができるようになってからにしよう……いつになるか、わからないけど。

 

今日はここまで。明日は早起きしてお弁当作れるといいなあ。